熟女セフレ募集出会い系アプリ

熟女のセフレが欲しいなら熟女がセフレを探している出会い系アプリ

熟女が好きで熟女のセフレが欲しいなら熟女が使っているアプリでセフレを探して即会いできる出会い系アプリ

 

年上も年上、セフレは51歳

ちゃんと仕事があるOLなのに、買い物やお付き合いが楽しくてやめられず、滅茶苦茶お金に困ったときのこと。
本当はお小遣い目当てでアプリを巡って相手を物色してたんですが、いざとなるとウリみたいで怖いし、一度でもそんなことして悪い相手に捕まったら、結婚できなくなりそう・・・と考えこんじゃって。
僕は当時23歳で、ルックスにもまあまあ自信があったので、デート相手を欲しがってるお金持ちを探してみたんです。
2つのアプリに登録して、この人が良さそう、と会うことにしたのは自称実業家の50代熟女。
お金持ちだから、若い女の子と後腐れなく遊びたいってプロフにあったので、好都合かなと。
会ってみたら、僕の事気に入ってくれて、早速お食事でも・・・って連れて行ってくれた先もめちゃ高級なレストラン。
やった♪と思いました。
セフレ・・・と呼んでも良いのかな、なんか言うことが古いし、加齢臭っぽい匂いがするので、50代と言っても60に近いのかなぁ、と思ってたらもっといってました。
自分の父親より肌の色艶もいいし、わりとしっかり締まった体つきだったので解らなかったんだけど。
アプリで名乗ったHNのまま、お互い本名とか住んでるところも知らないまま会い続けて半年ぐらいして、セフレから、体調が悪いから会えないってことが続いたんです。
僕もその頃は彼に何度もおこづかい頂いて金欠状態を脱していたので、まあいいや・・・と思ってたんだけど、いい人だから心配になって、メールをこまめにしてたんです。
そしたらセフレったら自分は実は55歳で、ガンが見つかったからもう会えない、いままで有難う、楽しかったよって。
えっ、この人、死んじゃうの?!って、凄く複雑な気分で、悲しくなって。
自分のおばあちゃんにお見舞いの手紙書くみたいに、心をこめて返信しちゃいました。
今は元気だと良いなぁ。

 

 

【東京都|20代後半|男性|会社員】